スロット攻略その31〜下見のやり方前編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モげをです!
今回は下見のやり方についてです。

宵越しを含めた天井狙い
イベントを狙っての設定狙い

どちらの場合でも
下見は重要になりますね^^

それではご覧ください。

▼初めての下見

まず下見を始める前にどうしても
注意して欲しいことがあります。

マナーですね。

正直閉店近くなると
物凄く目立つんですよね^^;

慣れてない方だと特にですね。
すべてを把握しようとするのではなく、
目立たない事を意識するのが
間違いなく重要です。

気にすることは3つ。

◆店員さん◆

作業の邪魔、通路の邪魔だけはしないこと。
悪印象だとリセット状況にも
影響する場合があります。

◆お客さん◆

残っているお客さんの周りを
ずっとウロウロしていると
腹が立つ方もいるかと思います。

後は最後まで張り付いて見たりなど。

お客さん→店員さんに苦情がいき
対策される場合もあります。

◆ライバル◆

同業者らしき人がチェックしていたら
違うホールから回るか、違う島から
見るなど…

揉めごとのリスク回避ですね。
特に新しく始める方は
長くそこで下見をしている方がいたら配慮しないと
理不尽な事を言われるかもしれません。

実際に私はこのように4.5店舗ほど一年間回って
チェックしていますが、
今のところ明らかな対策や
同業者との揉めごとなどは
おきてないです^^

まぁたまにいるんですよね…
店員さんの作業など気にせず
何度も通路を往復してチェックする方が…

同業者としてそれは困りますね。
対策に繋がる可能性もありますので…

長くマナーに気をつければ
またアイツがいるよー
程度で済むかと思います。

▼下見の際どのホールから回る?

自宅からの距離もありますが、
過疎店舗から始めた方がいいですね!

自宅→大型A店→過疎B店
の順で並んでいたとします。
移動間隔はそれぞれ10分だと

21時30分に出発
→21時50分に過疎B店到着
→チェックに10分、A店まで10分
→22時10分に大型A店到着
→チェック10分
→場合により最後までいて出目チェック
→帰宅

といった流れですかね。
慣れたらチェックが5分、店舗を増やすなどです^^

見ることは沢山ありますが、
まずはハマりゲーム数のみを
メモすることオススメします!

300〜.400〜等ですね。
それをメモし、
次の日の当たり履歴を見てリセット状況を
把握することから始めるのが無難です。

長くなりますので、
前編は以上です。

後編は慣れてきた方の
チェック方法、見ること、私のやり方
など詳しく書いていこうと思ってます^^

◆次の攻略記事◆

スロット攻略その32〜下見のやり方後編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.