店員時代の話~ホール徘徊者の脚力

モげをです!

今回は店員時代のお話です。
店員さんって
ひたすら歩いてますよね?

あの脚力は
半端じゃないと思ってください。笑

それではご覧ください^^

▼足腰の強さ

パチ屋である程度
遊戯をしたことがある人はわかると思います。

「店員さん物凄く歩いてる」

過疎店舗で暇なところだと、
のんびりしている方もいますが、
大手とか忙しいところの店員さんヤバいっすよね^^;

基本的にどこの店もそうでしょうが、

・あまり突っ立ってるのは良くない。
・ひたすら巡回をしろ。

こういったことを教わります。

だから誰もいなくてもグルグル回っている
わけっすね・・無意味です。笑

早番だと過疎店舗であれば、
お客さんも少ないし、
交換なんかもされないので比較的
やることがなくてただ単に歩く感じの
時が多いんです。

実際に自分の周りの店舗で
忙しそうな方に万歩計でも
とりつけてみましょう!

えげつないことになるかと思います。

・・・・・・・・・・

というのは冗談ですが、
歩く量が多いので
脚力半端ないです。

ローキックが強そうな方
非常に多いっす。笑

私自身も箱の上げ下げ、
凄まじい量の巡回を経験して
人より強靭な肉体を手にすることができました。

例えばこんな感じです。

範馬勇次郎

これも冗談ですが。

今ではそんな肉体も
見る影もないくらい大変な事になってますが・・笑

だから店員さんと敵対するのなんか、
実際危険なんですよ。

持前の脚力でなにされるかわかんないです。

まあ、脚力があるから何か凄いって
こともないですがね・・(笑)

しかし経験者になると、
お客さんに呼ばれると・・・

華麗なステップを踏み方向転換する方もいますよね(^-^;
あの切り返しはもはや芸術ではないでしょうか。

ということで、
皆さんも店員さんのローキックには気を付けて
立ち回りしていきましょう!笑

それではまた次回もお楽しみに(^^)/

3 Responses to “店員時代の話~ホール徘徊者の脚力”

  1. ひろし より:

    初めまして。
    いつも参考にさせて頂いています。
    私は兼業で、去年は340万上げることができました。
    しかしながら厳しい環境になっている、そして更に厳しくなってくると予想されるなか、新たなステップを考えています。
    それは人を使う、雇うということです。
    去年まで休日は嫁を連れて稼働をする事によって期待値をかなり稼げていましたが、子供ができてそれもできなくなりました。
    その後、ニートの義理の弟を連れて稼働したりもしましたが働き続けることに慣れていない為か、期待値理論を理解しながらも2ヶ月くらいでフェイドアウトしてしまいました。
    そして今回、信頼がおけそうな後輩に期待値稼働を教えてあげることになりました。
    もちろん、素人に毛が生えたくらいの知識しかなく軍資金もないので私がレクチャーしながら稼働していくことになります。
    そこでご相談なのですが、ヒゲをさんとはどのような契約で稼働してもらっているのでしょうか?
    私の場合兼業なので、宵越しチェック&朝から稼働ができなかったのが、後輩にレクチャーする事によりそこを攻めれたらかなり幅が広がると思っています。
    つまり、きっちり教え込み、私が仕事中の時に稼働させて、打ってよいかのゴーサインは必ず私が出すようにすれば、まさに私が二人いることになり収支は絶対にアップすると思っています。
    そこで気になるのは報酬をどうするかということです。
    時給、日当、歩合どれが適切でしょうか?
    また契約書などにサインさせたりしたほうがよろしいのでしょうか?
    ヒゲをさんとの関係性を詳しく教えて頂いたらと思います!
    よろしくお願いします。

    • モげを モげを より:

      ひろしさん

      初めまして!
      コメントありがとうございます^^

      人の雇い方ですが、
      環境や信頼性によって全然変わってくるのかなと思います。

      込み入った話なので、
      差し支えなければ、
      まとめてメールさせて頂きます^^

      少々お待ちくださいませ^^;

  2. ひろし より:

    早い回答ありがとうございます!
    実は明日、その後輩と第1回目の稼働&レクチャーとなっていますので、ある程度自分の中でまとめて行かないと、最初にフワフワしてしまったら良くないと思っています。
    是非メールお待ちしています!

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

アーカイブ

このページの先頭へ