スロット天井狙いを教える際の手順、大事な事

R4QoIxcwnmUKQSs1428769725_1428769812

どうもー、モげをです(^^)

今回はスロットを人に教える時に必要な事ですね。
というか「稼働」を教えることです。

最近になって参加してくれた協力者君に実際
やっていることを紹介していきます!

それではご覧ください(^^)

----------sponsored link----------

教える際に重要な事

スロットを知らない人に教えることは
1から丁寧に教える必要がありますが、
ある程度スロットが打てて負けている方に教える際・・

「期待値の感覚をわかってもらう」

このことが重要になってきますね。
スロ稼働している方にとっては当たり前ですが、
ごく一般の方だと中々理解されませんから(^-^;

スロット攻略その7~期待値について前編

スロット攻略その8~期待値について後編

スロット攻略その36~期待値と勝率について

こちら以前書いた記事を参考までにご覧ください(^^)

初めに期待値を理解してもらえた後に、
時間効率や勝率をわかってもらうのが一番ですね!

知識よりノウハウ

最初に主要機種の天井狙い目、ヤメ時などは
説明していきますが・・・
正直全部説明をしていたらキリがありません。笑

ここで教えるとするならば、

「ググり方」

台の情報や新台が次々と出ていく中で、
自分が把握してすべてを伝えることは中々難しいです。

自分が知っているのに、協力者君が知らないことなんて
沢山あるかと思います。

そういった際に、

参考になるサイトや、
狙い目やヤメ時の見方を教えてあげるだけで
後は稼働中にでも調べてもらうのが一番効率がいいです。

そうやって皆が情報を入れていることにより、
自分が気付かなかったことも勉強になりますからね(^^)

打ち方や狙い目、ヤメ時はググってもらうとして・・・・

実際初めに教えていくのは、

立ち回り方や、 下見・稼働データの取り方ですね(^^)

どのように下見して、データをメモり
そして稼働でどのように活用して、店舗回りをするか。

そして打った台のデータの取り方などなど。

その辺はシッカリ教えていきたい部分ですね。

狙い目などはなんとかなるでしょうが・・
こういったノウハウを優先的に教えていく事で、
稼働がやりやすくなるのは間違いないと思います(^^)

マナーや揉め事には要注意

教えていたり、数人で稼働していると
間違いなく軍団と思われます。

そして店員さんや一般のお客さんからも
少し嫌な目で見られることがありますよね(^-^;

なるべく通路内では話さない、台を監視しながら話さない。
隣の椅子に座らないなどなるべく気をつける必要がありますね。

あまりにも目立った行動をしていると、
当然周りも良いようには思ってないですから・・・

過激派の方などがおられた際には危ないかもしれません。笑

まとめ

・期待値を理解してもらう

・知識よりもノウハウを与える

・マナーや揉め事には要注意!

数人でスロットをするのは楽しいです(^^)

しかし周りの状況なども見れないと、
今後長くやっていくには危ういかもしれません。

ラインなどを上手く活用してなるべく接触しないのも、
アリかもしれませんね(^^)

それではまた次回もお楽しみに(^^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

アーカイブ

このページの先頭へ