スロットの期待収支・時給・日当を計算する方法

スロット 期待収支
スロットは基本的に機械割に応じて、結果的にメダルを多く獲得できる見込みがあるため勝つことが出来る。

この考え方をメインとして常に勝っている人たちは機械割を意識して立ち回ることがほとんどです。

では機械割がプラスで100%を越えているからといって、何でも打って良いのでしょうか?

何でも良いわけではなく、あくまでどれくらい勝ちたいかによって打つラインが変わってくるのです。

そこで機械割や回転数に応じた期待収支を計算することにより、立ち回りの目安にするということですね。

今回こちらの記事では、機械割やその他交換率に応じてどのように時給や日当を計算していくのかをお伝えしていきます。

-------sponsored link-------

メダル投入に対して払い出される割合


まずは機械割についてのおさらいとなりますが、機械割自体がよくわかっていないという方は、そちらの方を先に見てからこちらを読んで頂くと分かりやすいです。

機械割の仕組みと考え方

機械割はメダルの投入枚数に応じて、その分小役や大当たりの払い出しがどの程度されるのかという割合で計算されています。

例えば機械割が100%の台を一生打ち続けると、勝つことや負けることがあったとしてもトントンに落ち着いていくということ、いくら突っ込んでも返ってくるメダル枚数は同じということになります。

機械割が110%などメダル投入に対して多く返ってくる状態を打ち続けると自然と収支もプラスになっていくから勝ちに繋がるということですね。

設定狙いで高設定を目指す理由や、天井狙いで当たりやすい状態を狙うのは、この高機械割を打つのが目的ということになるでしょう。

IN枚数とOUT枚数の差が獲得メダル数


メダル投入に対しての見返りがどのくらいあるのか、機械割をもとに計算していくとどのくらいメダルを獲得出来るのかが分かってきます。

例えば以下の条件で計算していきましょう。

機械割110%の台を回す

・1ゲームでのIN枚数は3枚

・リプレイは3枚投入で3枚返しと判断

・8000G回す

1枚がけなど特殊なパターンもあるでしょうが、スロットというのは基本的に3枚で1回転回すような仕組みになっています。

ですので1G回すのに3枚使うという前提で、「8000G回した時に使った枚数」と、「8000G回した時に機械割に応じて払い出された枚数」の差が期待獲得枚数になるということですね。

機械割110%の台を8000G回した期待枚数

・3枚×8000G=24000枚(IN枚数)

・3枚×8000G×110%(1.1)=26400枚(OUT枚数)

・26400枚-24000枚=2400枚(期待獲得枚数)

よって機械割が110%の台を8000G回すと、期待獲得枚数が2400枚ということが分かりました。

これをそれぞれ地域の交換率によって、現金換算したものが期待収支ということになりますね。

20円スロット等価の場合は、

「2400枚×20円=48000円

これが1日回した結果の期待収支となります。

時給や日当というのも同じ計算でOK?


色々なサイトやツイッターなどでも時給◯円だ~や、日当が◯円だ~と見かけることがあるかもしれませんが、これも機械割から計算していくらかということです。

先ほどの機械割110%の台を8000G回すと日当48000円になりますし、1日回した時間が12時間だとしたら48000円÷12時間=時給4000円となりますね。

この注意点は、時給や日当というのはあなたが実際に回した回転数により変わってくるということです。

ジャグラーなどは顕著に差が見えてくるのですが、食事休憩をとって普通に回していれば大体13時間営業のホールだと8000Gくらい回せます。

食事をとらずにそこそこ回せたら8500G、プロでガチガチに回すなら9000G回す人も結構いますからね。

▼機械割110%の台を8000G

・26400枚-24000枚=2400枚(期待獲得枚数)
・2400枚×20円=48000円(20スロ等価の期待収支)

▼機械割110%の台を8500G

・28050枚-25500枚=2550枚(期待獲得枚数)
・2550枚×20円=51000円(20スロ等価の期待収支)

▼機械割110%の台を9000G

・29700枚-27000枚=2700枚(期待獲得枚数)
・2700枚×20円=54000円(20スロ等価の期待収支)

どうでしょうか?

プロが食事もとらずに高設定をぶん回す理由というのは、単純にこの期待収支が上がるからです。

1回で6000円の差が出るということは、1ヶ月に10回高設定を打ったとしたら単純に期待収支が6万円も上がるということですからね。

あくまで期待収支なので実収支とは違いますが、この数値が高ければ高いほど実収支もその通りに収束しやすいということです。

交換率・非等価では結果が変わる


ここからは応用編としてですが、スロットには非等価の地域で5.5枚交換や5.6枚交換など交換率に差がある場合があります。

メダルのIN/OUT枚数の計算は全く同じなのですが、現金換算の計算が若干変わってくるということですね。

▼20スロ5.5枚交換(機械割110%を8000G)

期待獲得枚数は2400枚
5.5枚交換というのは55枚で1000円
1枚あたり1000円÷55枚=約18.18円
2400枚×18.18円=43632円

▼20スロ5.6枚交換(機械割110%を8000G)

期待獲得枚数は2400枚
5.6枚交換というのは56枚で1000円
1枚あたり1000円÷56枚=約17.86円
2400枚×17.86円=42864円

等価の地域よりも換金ギャップにより、1割くらい期待収支が下がっていくということは注意して欲しいです。

また1000円で50枚ではなく47枚貸しの地域なども若干ですが、計算が変わってきますので、詳しくはコイン単価・交換率の記事を参考にご覧ください。

⇒メダルは1枚いくら?コイン単価の計算方法
⇒交換率とは?地域により交換出来る金額が変わる

非等価で現金を入れ続けるのは超危険!


ちょっと初心者には難しいかもしれませんが、最後の応用編として現金投資の話もしておこうと思います。

機械割の計算というのは基本的にメダルのIN枚数とOUT枚数の差を計算しているものですが、どちらも価値が同じ前提で計算しています。

たまにですが、現金をひたすら入れ続けて出たメダルはそのままどんどん貯めていっているおじいちゃんやおばあちゃんを見かけたことがありませんか?

等価の地域だと問題ないのですが、非等価の地域でこれをやるのはお金を捨てているようなものなので絶対にやめましょう。

機械割110%の台を8000G回した期待収支

※現金全ツッパ,20スロ5.5枚交換

・3枚×8000G=24000枚(IN枚数)
⇒すべて現金換算なら48万円

・3枚×8000G×110%(1.1)=26400枚(OUT枚数)
⇒5.5枚交換で現金換算約48万円

・結果48万円-48万円=期待収支0円
(本来は期待獲得枚数2400枚)

なんとなく意味は分かりますかね?

INするときの単価は20円なのに対して、OUTの単価が18.18円だからその差が現金を入れる毎に損するため起こる状態なのです。

このパターンの場合は、現金を48万円入れたことにより48000円の期待収支を失ったことになります。

ですので、簡単に計算したいのであれば、5.5枚交換で現金投資の場合、1000円あたり100円(1割)が期待収支から減ると覚えておくと設定狙いでも天井狙いでも役に立ちます。

例えば投資が3万円、5.5枚交換だと期待収支から3000円減らすと大体計算は合うでしょう。

だからこそ、非等価の地域では貯メダルをして、次そのホールで打つ際には必ず再プレイをすることにより期待収支を下げない努力をするわけですね。

期待収支を稼ぎ続けるのが本質!


後半の方は少し複雑になってきましたが、スロットで勝つことの本質というのはいかに期待収支をプラスに持っていけるか、言い換えるならば期待値を積めるかが鍵ということです。

どんぶり勘定で計算出来る人は良いのですが、現金を使ったときの欠損や換金ギャップによるブレなど見えない部分で実は削られることが多いのですね。

逆にこの辺の概念を知らずに勝ち続けるのは不可能というくらい大事なことです。

とはいえ細かい計算が苦手であったとしても、毎日設定6に座れるような狙いなど出来ていれば全く問題ないわけですからね。笑

あくまで知識としてこのような期待収支などを把握しつつも、いかに高設定に座るか、天井狙いで期待値が高い台に座るかがメインということは忘れずに立ち回っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です