スロット攻略その15~収支をつける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

モげをです!
今回は収支をつけるということについてです^^
当たり前だと思われる事かもですが、
継続してつけないと意味はないですね(^-^;

それではご覧ください。

▼収支をつける

まず自分がいくら稼いでいるか把握するのは当然の事ですね!
最低でも1日トータルでどのくらいかをメモする癖をつけましょう^^

メモ帳に書くのもいいですが、
スマホだと収支管理アプリがありますね!

スロット 収支 と検索すれば
色々と出てくると思います。

私も使っているオススメは”pShare”です。

店舗や機種、交換率なども
細かく設定できますね^^

次に細かい収支の付け方を項目別に
説明していきます。

【機種】

自分の打った機種ですね!
後からどの機種で勝っているかなど把握出来ます。
それによりボーダー調整も出来ますしね^^

【投資、回収】

いくら勝ったか負けたかでもOKですが、
平均投資や平均回収を把握したい
場合は分けてメモするのがいいですね!

【目的、打ち始めG数】

設定狙いなのか、天井狙いなのか
何Gから打ったのかですね。
これは後から期待値を把握するのに必須です!

【当選G数、ヤメG数】

設定狙いの際は色々とデータをとって、後から見直すのもいいですね!

ライターさんやブロガーさんでない
限りは細かく書く必要もないかと思います^^;

【店舗、台番】

店舗ごとの成績、天井狙いの拾いやすさなとが把握出来ます!

よく拾える店舗がわかれば、
その店舗を中心に回れますね^^

自分の打った台番はメモしたことないですが‥
設定を気にする場合には、
高設定挙動の台番をメモして
傾向を掴むことも出来ますね!
(末尾系イベントなど)

【打った時間】

機種ごとの時給を計算したい人は
メモしておきましょう!

それと朝の並び、移動や待ち時間を含め
1日通して何時間稼働したかなどもです^^

月30日、毎日10時間稼働して30万勝った!
‥と言っても300時間で30万だと
時給計算したらたったの1000円ですよね^^;

最初の頃は気にせずとも
専業で稼ぐなら時間効率は把握すべきですね。

【期待値の計算】

機種打ち始めG数をメモしていれば
サイトなどを参考に把握することが出来ますね!

設定狙いの際は難しいですが、
ハイエナ専門でやる際には
自分がどのくらい期待値を積んでいるか把握するのは重要です!

設定が入ってるかもわからず打って、
ゾーンをちょくちょく打って
1日満足して帰るなどよくありませんか?

振り返って結構打ってるのに何故勝てないの‥と思うのは
やはり期待値が積めてないからだと思います。

天井狙いの期待値だけでも計算することによって
後から立ち回りの見直しが出来ますね^^

色々メモすることはありますが、
稼働に影響が出ない程度に
必要なことだけメモする事が大事です。

私の場合でもブログを始めるまで
細かくはデータとってないですね^^;

メモにすることに固執して回転スピードが落ちれば
その分他の良台、期待値を逃す可能性があると考えてます。

カチ盛りをしたり小役カウンターを使う際にも同じことが言えますね^^

それらに固執せず、
しっかりと回す事が一番大事ではないでしょうか^^;

以上です!

◆次の攻略記事◆

スロット攻略その16~ヤメ時徹底

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. たけし より:

    初コメ失礼します。

    収支をつけるのはホント大事ですね、収支しっかりつけてる人で負けてる人ほとんど見た事無いです。

    自分は機種名、打ち始めG数、稼働時間、差枚数だけつけてますね。
    むかしはホール名もメモってた時期もありましたが…。

    しっかり稼働データ取っておくと、ブログのネタにもなるので後々重宝しますね!

    関係ないですが、モゲスロってサイト名いいですねw
    インパクトあるし覚えやすそう^^

    1. モげを モげを より:

      たけしさん

      こんばんは、初コメありがとうございます(^^)
      まさかたけしさんからコメント頂けるとは
      思ってもいませんでした(^-^;笑

      負けている人でも収支をつけていれば、
      勝ちに向かって対策も出来るのでやるべきですね!

      サイト名自分でも気に入ってます(^^)
      まだサイト自体はしょうもないので
      多くの方に見てもらえるよう勉強していきます!
      たけしさんの下で・・・笑

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.